ラジオ(FM87.4)に出演しました。内容はこちら。

Q:活動内容の紹介を

・元Jリーガーなど指導におけるプロによるサッカークラブチームを運営。

・一人でも多くの子どもが本物の指導と出会って夢を叶えてほしいという想いで、ひとり親家庭や生活保護世帯の子ども達を会費無料で受け入れ、ユニフォームの支給も行っている。

・スポンサー企業様や一流アスリートの方々の協力を得て、一般家庭の子ども達も指導者のクオリティからするとても安い価格で受講できるようになっている。

Q:いつ発足したか

・3年ほど前に、こども食堂や貧困家庭を対象とした無料塾は普及しつつあったが、スポーツの支援団体は聞いたことがなく自分たちにできる活動を始めた。

Q:団体が大きくなってますね。

・最初は不定期の開催で子どもの参加も2~3名の状態がしばらく続いたが、地道に活動を続けた結果、現在は幼稚園児から中学生まで160名以上の会員からなるチームとなりお陰様で増え続けている。

Q:最初は告知が少なかったから?

・いくらチラシをまいても、昔と違い今は情報社会であり保護者の方の目が肥えているため、本当に中身が良いチームでないと人が集まらないと実感した。

・プレーだけでなく教えることに対しても上手な指導におけるプロで構成し、子どもの上達が保護者の方にも目に見てわかってもらえる質で提供した結果、現在の形になった。

Q:どこの地域の子どもたちがいる?

・市内の子どもを中心に、近隣の市、他県の子も在籍。

・最近では埼玉の方からも「良いチームがあると聞いて」と問い合わせを頂いたりと、自分たちが知らないところでも口コミが広がっていることが大変有難い。

Q:最初の壁は?

・子どももスポンサー企業も、形がまだ出来上がっていないところには集まらず、ゼロから1にするまでに相当な苦労をした。

Q:ウェアも会費も安くなるようにしていると経営が大変では?

・利益よりも、1人でも多くの子にという想いで活動している。

・また、スポンサー企業には感謝しかない。

Q:facebookを見たが、なぜブラジル遠征か?

・(海外には強いパイプがありスペイン、ポルトガル、ポーランド等にも遠征実績があるが)チームとしては、より多くのことを学べるブラジル遠征を行った。

・また、私たちと同じ想いや目的をもって似た活動をブラジルの貧民街で行っている世界名門チームのスカウトマンが滞在中は同行し、その人から指導を受けたり、ホテルではなく寮で生活し現地の子どもたちと交流試合もできる。

・夏合宿や海外遠征のように全員参加でないものに対して、ひとり親家庭や生活保護世帯の子どもが参加希望の際は、全額ではなく一部の支援を行っている。

Q:保護者は心配しない?

・参加している子どもの保護者の方も大きな理解と決心をしてくれていると思う。

・自分のことは自分でと、なるべく大人は手を貸さないため、学年に関係なく仲がよく上の子の面倒見が良くてとても雰囲気の良いチームですねと、体験にきた方々にもよく言ってもらえる。

Q:リスナーの方からの、最近の勝利至上主義の傾向に抵抗があるというご意見について。

・大人のエゴが大きいと勝利至上主義になってしまうが、当チームはチームの強さよりも一人一人の将来を大切に考え、個の育成に力を入れているため、この様なチームは珍しいと入会される方も多い。

・指導者も的確な指示を出すことはあるが、感情的に大声を出して子どもを委縮させてしまう人はいない。

Q:今後の団体としての夢

・コミュニケーション能力や礼儀の習得、人間関係の構築などサッカー以外の教育へも力を入れているため、将来巣立った子ども達がいろいろな社会で活躍してほしい。それがスポンサー企業に就職である場合も嬉しい。

・指導者はとても熱い思いで本気でプロ選手にさせてあげたいと指導しているため、サッカー選手を夢見てやる気のある子たちには(まだ新しいチームで子ども達が小さいため先の話にはなるが)本当にプロ選手が出てほしいと願っている。

・先に話した人やJリーグでも活躍されたブラジル人と、ピースユナイテッドブラジルの設立準備を進めており、やる気や才能のある当チームの子たちはブラジルでも無料で受け入れられる仕組みを完成させたい。

Q:プロ選手だけではないと思うが、J3以下地域リーグなどでサッカー選手となる子たちはもいるのでは?

・その様な子たちの中から将来このチームへ指導に来てくれる選手がいると嬉しい。サッカーだけで生活するのが大変な場合も、指導に来てくれることによりまた少しは生活における支援ができると思う。